通信制高校の学校説明会や体験授業の必要性について

自宅学習である通信制高校では学校に通うという行為自体が必要なのかを考察します。

まず、いかに通信制高校だからといって学校そのものを学校説明会や体験授業を通してみなければわからない事がおおいと考えているからです。というのも、中学までは義務教育であり行く行かないは個人で決める自由はないですが、高校からはそこが自由であるからである。

ただ、通信制高校に通うすべての方がそうであるとは言えませんが学校に通うというのが嫌である可能性があります。そこで、例え学校説明会や体験授業であっても行くこと事態に拒否反応を示している学生は行かない可能性はあります。ただ、そんな学生でも外にでることや新しい社会に少なからず希望をいだいていると私は考えています。なので、通信制高校の学校説明会はそんな方が来れるように、学校から赴く手法もありだと思います。

後、体験授業はインターネットのTV電話を活用するなどするといいと思います。そして、興味をもたせた後学校にテストだけでも受けさせにくるという手法で、学校の経路をとおし少しずつ社会に溶け込ませればいいのかもしれません。